スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R-15 ようこそ天才学園へ! (角川スニーカー文庫)

R-15  ようこそ天才学園へ! (角川スニーカー文庫)R-15 ようこそ天才学園へ! (角川スニーカー文庫)
(2009/07/01)
伏見 ひろゆき

商品詳細を見る

あらすじ
「芥川丈途は15歳にして、新聞に連載を持つ天才エロ作家なのです!そんな彼が天才(…というより一芸)ばかりが集まる閃学園に入学した途端、女子寮のぞきの犯人にされるというエロトラブルが勃発!さらにクラス対抗オリエンテーションも開かれ、学園生活はわちゃめちゃ。果たして丈途のエロの才能で、クラスはNO.1になれるのか!?15歳未満NG!禁断の学園生活のはじまりっ!第13回スニーカー大賞奨励賞受賞。」

補足説明
あらすじに、「天才ばかりが集まる」とありましたが、舞台となっている「閃学園(ひらめき・がくえん)」の生徒は本当にさまざまな天才ばかりです。

例として、『数学の天才、プログラムの天才、かくれんぼの天才、クラリネットの天才、マネージャーの天才、ボスの天才、予報の天才、サングラス作りの天才、散髪の天才、そしてポルノ小説の天才』など、さまざまな才能を持つ天才のみが通っています。ただし、教師は基本的に一般人。

本作は芥川丈途を中心に変態(天才)たちが愛と勇気と才能の無駄遣いで、大暴れするラブコメ?です。

主な登場人物

芥川丈途(あくたがわ・たけと)
本作の主人公で、「ポルノ小説」の才能を持つ、天才エロ作家。ペンネームとして「芥川竹人」を名乗っている。

身近な女の子ですぐにポルノを想像(創造)してしまい、時には鼻血、時には無意識に言葉に出してしまうほど・・・。

当然女の子からは嫌われている・・・はずなのですが、数人の女の子(ヒロイン)が、丈途のわずかな魅力にひかれ好きになっていきます。

ただ、才能がポルノ小説を書くことなので、好きになってもらえた後も距離をとられてしまったり、事件に発展したり、あわただしく恋は発展していきます。

女の子たちは、一部を除いてストレートに好意を見せてくれるので、丈途もその好意にきちんときづくことができます。主人公だけど、そんなに鈍感でもない?かも・・・?

鳴唐吹音(なるから・ふくね)
クラリネットを吹く才能を持っている。

楽器は「一日練習をさぼると取り戻すのに三日かかる」という言葉があり(マジ)、吹音はその言葉を信じ、一日も欠かさずクラリネットの練習をしている。たまに、練習に集中しすぎて限界を超え、倒れる。そのくらいがんばり屋。

吹音はとても純粋かつ、エッチな単語などは全く知らない、わからないので、時に「『せいどれい』ってなに?」という感じに質問してきたりする。ちなみに、丈途はポルノ小説の事を恋愛小説としてごまかしているが、四巻で・・・・

好きなものは意外なことに「ゲーム」(三巻)。
普段はおっとり、たまにしっかり、行動にびっくり、仕草に萌え~って感じの妹系美少女。

ちなみに丈途との出会いは、丈途が吹音のクラリネットのリード(音を出すために口にくわえ、振動させる竹のようなもの。たぶん竹)を、食べ物と間違えて口に含んでしまった時に、その場面を目撃→石を投げられ気絶、さらに罵倒、という最悪の出会いだった。(T_T)

園声謡江(そのこえ・うたえ)
持っている才能は「歌」の才能で、学園のアイドル的な存在で、ファンクラブも存在している。ただし、歌はバラードしか歌えない。

理由は、アップテンポの曲になると、超越的音痴になるため。その歌声はガラスを破壊し、脳を揺さぶり、大音量だと建物すら破壊する。しかし、本人はそのことに無自覚なため、「なんでアップテンポの曲を歌わしてくれないんだろう?」と思っている。

丈途との出会いは一巻。初めは、丈途がポルノを書いているとは知らず、作家への興味で話しかける。

その後色々あり、丈途作のポルノを購入したり、丈途に手作りの弁当を作ってきて、一緒にお弁当を食べたりと、積極的に丈途を理解しようとすると同時に好きになってもらおうと頑張る。そのため、ある程度は丈途の妄想を許容している。
そして、だんだんエロく・・・(>_<)

円修律(えんしゅう・りつ)
丈途の親友。そして、丈途に恋愛感情を持っている男。才能は「数学」

本人は丈途への感情に全く迷いもないが、丈途はノーマルなので、律の感情には気づかずに親友として接して、たまに律への好感度を上げるような言葉をかける。

フラグが立ったもともとの原因は、事故で律とキスをしてしまったこと。情熱的だったらしい……
とても焼きもち焼きで、丈途が女の子と仲良く話していたら機嫌が悪くなる。丈途へは積極的にアピールしている。

セリフ引用
律:「丈途はやっぱり、いつも強引だな。でも、すまない。僕、僕……その……せめてシャツだけでも着て、お前のそばにいさせてくれないか?」
それに対して丈途:「――えぇ!?シャツを着たままお風呂に入るの!?」

明らかに律が丈途を意識しています…


霧線蘭(むせん・らん)
才能は「プログラム」。もともと「クラッカー(破壊者)」、今は「ハッカー(精通者)」…のつもり。

百合の代表。一部の女の子達からはお姉さまと呼ばれている。吹音がとても好きで、丈途のことをライバルだと思っている。そのため、丈途にはいつもきつく当たっているが、裏では丈途のことを少しは認めているような行動、言動をとる。実際は不明。

ちなみに蘭と律のコンビは、プログラムの技術と計算力で、相性がよい。


名機来夏(めいき・らいか)
写真を撮る才能を持っている。

人物の最も醜い所を取ることが大好きな女の子で、丈途の周りにいつの間にか出現しては写真を撮っていく。醜い所を取られる生徒からはもちろん不評。

丈途のことを気に入っている様子。いつも常識はずれの方法で、写真をとるチャンスを狙っている。
しかし、丈途のポルノ小説の妄想に使われた時は、普段のような強気の姿勢を引っ込め、照れるしぐさがかわいい。

そして、私の一番気に入っているキャラ。

セリフ引用
来夏:「シャッターボタンを押すことが写真と撮ることと勘違いしている者も多いが、写真を撮るには演出や撮影技法うを決めなければならない。当然、フレーミングやピント合わせも重要になってくる。シャッターボタンを押すのは最後の仕上げにすぎないのさ」

写真を撮る天才である来夏だからこそいえるセリフですね。

感想!!
本作の主人公の丈途は事件を解決したりするのに、ポルノを使います。それが一番の特徴かと思います。

それは時に情熱的なポエムのように、時には歌に乗せてポルノ(妄想)を披露し、人の心を良くも悪くも動かしていきます。しかし、真面目に人為的に引き起こされた事件を、ポルノで解決されるというのを初めは相手側がとても不憫に感じました。

でも、ポルノ=女の子への純粋な気持ちである、というように考えてみました。主人公はエッチですが、男の妄想を隠そうとはせずにポルノを書いています。それはとても自分の気落ちに正直であるからこそ、書くことができ、正直な気持ち(妄想)であるからこそ人の気持ちを動かす力がある…のだと思います。

また、多くの人はその人の言動で、その人のことを評価します。しかし、それは表にすぎません。この小説の主人公は基本正直ですが、本を読む側には主人公の深い部分まで考えて(想像して)読んでもらえたら、本の印象、登場人物の印象がかなり変わることと思います。

ライトノベルを深く読む。少し矛盾しているかも知れませんね~

女の子もみんな独特の性格、特技を持っていて、いままで読んできたライトノベルでは、実現しなかった特技と性格の組み合わせが魅力的です。みんなかわいいですし。

さらに、周りがすべて天才(変態)であるために、ホモや百合などは特に気にされることもなく周りに受け入れられている。まさに変態の天国。天才ばかりなゆえにあり得ないことがあり得る学校は楽しそうで、うらやましいなぁ~と思いました。

最後に、実はこの「R-15」というライトノベル…
アニメの一話を見て、その日のうちに全巻大人買いしました~
もちろん購入場所は「アニメイト(高松店)」。ポイントがめっちゃたまりました。エコのためにバッグを持って行き、エコポイントもわずかですが、ゲット。ぶっちゃけアホですね~

その次の日の晩までに全巻読んだ。軽く寝不足になった…
それもすべて、ライトノベルを愛しているがゆえ。読み出したら止まらず、寝るのも忘れて読んでいました。学校があったのにね~(;一_一)

アニメもよろしく!
R-15 OP
END
スポンサーサイト

かうんた~

プロフィール

サカナ狩り

Author:サカナ狩り
私はライトノベルがとても好きで、たまに自己満足に書いてもいます。私がブログを作ったのは、私が好きなライトノベルを、ブログを見てくれた人に読んでもらいたくて造りました。欲を言えば好きになってもらいたいです。ネタばれはあまりしないように書きます。どうかよろしく!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。